香川真司が独キッカー紙でMOMに選出されました!

素晴らしいですね。

1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第4節でボルシア・ドルトムントはアポエルと対戦し、1-1で引き分けた。先制点をアシストしたMF香川真司に対するドイツメディアの評価は高かった。

欧州コンペティション50試合目を迎えた香川はMFマリオ・ゲッツェとともにインサイドハーフに入るも、ややトップ下に近い位置から攻撃に絡む。29分も、味方から相手ペナルティーエリア前でボールを受けると、迷うことなく前線に抜け出したラファエル・ゲレイロにダイレクトパス。そしてそのゲレイロが冷静に決め、ドルトムントにリードをもたらした。

フル出場を果たした香川はそのほかにも、何度かチャンスを演出し、自らも相手ゴールを脅かした。だが、最終的には自身もチームも追加点を挙げられず。それでも現地メディアは日本代表MFのパフォーマンスを高く評価している。

地元の『WAZ』は香川のプレーをチーム単独トップの「2」と称賛。ゲレイロやGKロマン・ビュルキ、MFユリアン・ヴァイグルの3人のみに「3」と及第点をつけた同紙は、DFエメル・トプラクやマルク・バルトラ、MFマクシミリアン・フィリップ、FWピエール=エメリク・オーバメヤンらを「5」と酷評。一方、香川については以下のように寸評した。

「ビルドアップに創造性を含めるために、時にはサイドに高いボールを送ることによりピッチの幅を活かすプレーを目指し、時にはペナルティーエリアに浮き球を送り込むことで試合にスピードを加えた。先制点の前の場面でもゲレイロにダイレクトパスを通し、それで数的有利な状況と好機をつくった。こういったところではボスのシステムは非常に良く機能している」

『レヴィアシュポルト』でも香川に対する採点が「2-(マイナス)」と単独最高。ゲレイロ(「3+(プラス)」やDFソクラティス・パパスタソプロス(「3」)らを及第点の対象とした同紙は『WAZ』と同様、トプラクやオーバメヤンらに辛口評価を展開。また香川を「活発なプレーを見せた選手の1人」とし、アシストのパスは「天才的」とまで絶賛している。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000003-goal-socc

【サッカー】<UEFA-CL>香川真司がワンタッチパスで芸術アシストも…ドルトムントはホームで痛恨ドロー
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1509573235/

このパス見たことあります。そのときはJ2時代で乾から香川へのパスでした。

体は後ろ向いてるのに右斜め後ろのDF裏の香川にワンタッチで浮き玉送るパスに鳥肌たったの覚えています。

これの2分27秒くらいからの再現ですね。

しかしオーバメヤンがあれだけ外しまくればそりゃ勝てません。
3-1、もしくは4-1で楽に勝てた試合です。
とにかく最近のオーバメヤンは外しすぎです。

サッカー誌の採点はこんな感じです。

RN 採点

2.5 ゲレイロ
3.0 香川
3.5 ビュルキ、ヴァイグル、プリシッチ
4.0 バルトラ、ゲッツェ
4.5 ソクラティス、トプラク、オバメヤン、フィリップ

http://www.ruhrnachrichten.de/Sport/Guerreiro-ueberzeugt-Aubameyang-scheitert-an-der-Latte-956186.html

DERWESTEN(WAZ) 採点

2 香川
3 ビュルキ、ゲレイロ、ヴァイグル
4 ソクラティス、ゲッツェ、プリシッチ、ヤルモレンコ、シュメルツァー
5 トプラク、バルトラ、オバメヤン、フィリップ

https://www.derwesten.de/sport/fussball/bvb/borussia-dortmund-in-der-einzelkritik-note-5-toprak-ist-beim-bvb-die-enttaeuschung-der-saison-id212415411.html

https://www.waz.de/sport/fussball/bvb/note-5-toprak-ist-beim-bvb-die-enttaeuschung-der-saison-id212415425.html

アシストも良かったが中盤でターンして前にスルーでしたシーン良かったですね。

https://www.whoscored.com/Matches/1238368/LiveStatistics/Europe-UEFA-Champions-League-2017-2018-Borussia-Dortmund-APOEL-Nicosia
香川
タッチ数81
シュート5
キーパス6
パス成功率90.3%
レーティング7.49

すごいです。

キッカー採点(アポエル戦)

2.5 香川
3.0 プリシッチ, ゲレイロ, ビュルキ
3.5 ゲッツェ, ヴァイグル
4.0 オーバメヤン, フィリップ, ソクラティス
5.0 バルトラ, トプラク

CL日本人最多出場、最多ゴールアシスト、またタイトル増えてしまいました。

LAS理論で野球上達!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

世界初の動体視力トレーニングメガネ